老人性イボやしわは化粧品で改善出来る|スキンケアでプルリン肌

十分な保湿をする

しわの原因と種類

自宅でできるしわ対策には、サプリメントの飲む方法から、クリーム・化粧品などの使用があります。 ここでは、しわに効く化粧品とはどういったものかについてご紹介していきます。 まず、しわには、皮膚の表面の表皮にだけできる浅いしわと、皮膚の奥の真皮にまで影響している深いしわがあります。 浅いしわの原因は、主に肌の乾燥です。目の周辺などの皮膚の薄いところにできやすいのが特徴です。そのため、保湿成分が配合されているものがこういったしわに効く化粧品です。 次に、深いしわの原因は、老化や紫外線の影響です。こちらは、浅いしわと違い、なかなか消えにくいです。しかし、根気よく続けることによって、徐々に目立たなくすることは十分に可能です。

原因から選ぶしわに効く化粧品

ここまでは、しわには、浅いしわと深いしわの2種類があり、それぞれ原因が違うことをご紹介してきました。 ここからは、もっと具体的にしわに効く化粧品の選び方について述べていきます。 まず、浅いしわは、乾燥が原因で保湿成分入りの化粧品を選ぶべきです。具体的には、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンが配合されている化粧品です。こういった化粧品と同時に加湿器などを用いて、部屋を乾燥させないといったことを同時にやってみてください。すると、しわがきれいに消えます。 次に、深いしわには、コラーゲンを増やすビタミンC誘導体やプラセンタ入りのものがしわに効く化粧品です。その訳は、コラーゲンは分子が大きいため、真皮にまで浸透しないからです。